×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


前ページの続き。M33系列のPSPについては下記のやり方でもできますが、
他のやり方の方が確実に楽なのでそちらをおすすめします。 このページの下の方に書いてあります。
メモステに直接保存する方はこちら

●PCにUSB経由で保存する
M33系列以外のCFWのPSP(1.50カーネル)

用意するもの
・CFW導入済のPSP
USB Special Sistem Storage
・USBケーブル(Mini-B)
・吸い出したいUMD
・容量の十分なメモステ

1、リンク先の「http://www.psp-hacks.com/file/1008」で「Download」をクリックし「USBSSS_100.rar」をDLする。
2、DLした「USBSSS_100.rar」を解凍する。解凍後のフォルダ構成は以下の通り。


USBSSS_100
┣MS_ROOT
┃┗PSP
┃ ┗GAME
┃  ┣%_SCE_USBSSS
┃  ┗_SCE_USBSSS
┗readme.txt

3、「%_SCE_USBSSS」フォルダと「_SCE_USBSSS」フォルダを
  「ms;0/PSP/GAME」に移動する。移動後のフォルダ構成は以下の通り。


ms;0
┗PSP
 ┣GAME
 ┃┣%_SCE_USBSSS
 ┃┗_SCE_USBSSS
 ┣PHOTO
 ┣MUSIC
 ┣・・・・・・
 ┗・・・・・・

4、USBケーブルを接続し、XMB→ゲーム→メモリースティック→USB Special Sistem Storageと進んでいき起動



起動画面はこんな感じ

USB Special Sistem Storage

MOUNT MENU
Virtual FAT16  . UMD ISO-9000
Virtual FAT16  . intFlash & Sysmem
FAT FileSystem. IFlash:0,0
FAT FileSystem. IFlash:0,1
FAT FileSystem. IFlash:0,2
FAT FileSystem. IFlash:0,3
Normal      . MemoryStick

Exit to XMB






←UMDの中身。
←Flashの中身。むやみやたらにいじるとPSPが動かなくなる。
←上同。
←上同。
←上同。
←上同。
←メモリースティックの中身。普通のUSB接続と同じ。

←XMBに戻る。

5、一番上の「Virtual FAT16  . UMD ISO-9000」を×ボタンで選ぶ。
6、PC上にUMDXXXX.ISOというフォルダが表示される
7、以降双方同じのため下記参照
CFW-M33系列のPSP

用意するもの
・CFWM33系のPSP
・USBケーブル(Mini-B)
・吸い出したいUMD
・容量の十分なメモステ

1、PSPを起動する
2、セレクトボタン(M3.52系はHOMEボタン)を押す。
3、すると、こんなのがでてくるので,
 「USB DEVICE」を選択し、十字キーを横に押す。

こんなの

4、横に押して「UMD Disk」と表示されたらもう一度セレクトを押す。
5、するとXMBに戻るのでUSB接続を選択、USBケーブルでPCと繋ぐ。
6、PC上に「UMDXXXX.ISO」というファイルが表示される。
7、以降双方同じのため下記参照

○上の続き
1、表示されているISOファイルをPC内の任意のフォルダに移動。(移動後、半角英数字で名前を変えてもよろしい
2、遊ぶときはメモステのms;0に「ISO」というフォルダを作る
3、そこに吸い出してPC内に移動したISOファイルを入れる(移動時間はソフトによってまちまちですが、平均的に5〜10分くらい)

フォルダ構成

ms;0
ISO←作る
┃┗XXXX.ISO←任意の名前に変更後移動した例
┗PSP
 ┣GAME
 ┣PHOTO
 ┣MUSIC
 ┣・・・・・・
 ┗・・・・・・

4、以下のように進んでいき起動。
 「XMB→ゲーム→メモリースティック→吸い出したゲーム」
←TOPへ戻る ←メモステに直接保存へ戻る