×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■リカバリーモード■
こんにちは、凡田です。今日はリカバリーモードについて説明します。

リカバリーモードって私は最初見たときさっぱり分かりませんでした私・・・w



まずリカバリーモードとは、CFWの標準装備で、公式FWでは設定できない機能の有効、無効を設定できる機能です。
リカバリーモードはPSPの電源を切り、「R」を押しながらPSPの電源を入れることで起動します。

まず絶対おさえておかないとならない事は
Enable⇒有効
Disable⇒無効
ということをまずおさえて下さい。

では上から順に説明していこうと思います。


Toggle USB
PCとつなげます。


Configuration
・Skip sony logo
 起動するときのロゴを非表示にできます。
・Hide corrupt icons
 破損フォルダが表示されなくなります。Enableにすると良い。
・Game folder
 自作アプリケーションを起動するなら1.50カーネルが良い。
・Autorun programu at /PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP
 /PSP/GAME/BOOT/フォルダ内のソフトをPSP起動時に自動起動する機能。
・UMD Mode
 ISOドライバの種類を変えられます。Normal -UMD required-はUMDを必要とします。
・Fake region
 海外のPSPでしか起動できないUMDを起動させます。使いませんねこれ。
・Free UMD Region
 上の設定がフリーになります。片方有効にしておけば十分かと。。。
・Back
 戻る


Advancde
・Advanced configuration
 ここはよく分かりません。変更する必要はないようです。
・Toggle USB (flash0)
 USB接続でflash0をPCに接続できます。いじるときはバックアップを取りましょう。簡単に壊れます。


CPU Speed
 CPUを変更できます。あまり高めにするとPSPが壊れるかもらしいです。ちなみに凡田はずっと333だけど壊れません(笑


Plugins
 プラグインを有効にできます。


Registory hacks
・Button assign
 ○ボタンと×ボタンを逆にします。
・Active WMA
 オンライン認証せずに WMA の再生機能を有効化します。
・Active Flash Player
 オンライン認証せずに Flash プレイヤーを有効化します。


Exit
 リカバリーモードでの操作を終了し、XMBの戻ります。


以上ですー。
←戻る